04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

幸福と負荷と妄想と現実。~飾らずのペシミスト。

2016年05月23日
上司に褒められることといえば愚直さと文章力です。いや、全然言うほどのものではないんです。自分ではそんなに納得いってない。けど強いて言うなれば10年超ブログを続けてきたこと、Jヲタ時代に沢山のレポを読みあさったこと、学生時代毎日のようにレポートを書かされたこと等が、今の私を作ってるのかもしれません。そして何より自分は物を書くことが好きなんだろうなって。でも最近、めちゃくちゃ鈍っていると思ってて。ブログの更新頻度が落ちている=表現したいネタがない、から、仕方ないんですけど。。。だから捻り出してでも書きたい。でもあの頃のような、自分の奥から湧き出してくるような感情は、ない。だからダラダラと、引きずる。カッチャンのことが一番筆が(タイピングが)進むんですよ。何でだろう、ね???何を考えるわけでもなく、気づいたら「オーナー」と名付けたフォルダの写真を眺めていたら、私は彼のどんなところが好きだったか、ぶわ~っと溢れて、またいつの間にか長文を書いていた。けど何か違う。面白くない。やはりどんな過去の思いを再燃させても、行くつく先が何もない今「何でこうなったんだろう」気持ちが、重い。だから良くないの、かな。

ただでさえ姿が見れず「真実」を嫌がらせのように何度も聞かされ、「もう覚めるしかない夢」の中、年初めのスマップ事件によってあの事務所の(気づいてたけど見ないようにしていた)ブラックな部分が明らかになって、すっかり気持ちがなくなってしまった。「夢を商売道具にしているはずなのに何故」。長年Jヲタをやってきた自分の人生が何と無駄だったんだと、思えれば楽なんだけどご贔屓の方の人格がそれをカバーする程上回っている自信は未だにあるから全否定なんてしないもんねー。彼がまだ働いていた時から疑い深くネガティブな私は「どうせ嘘だらけだろう」ということはわかっていました。それでも、それでも良かったんです。目の前で起きていることだけが私にとって「真実」だったので。彼は舞台の仕事を割と頻繁にやるタレントさんだったと思います。私が何度も足を運んだのは、そりゃ「日替わりのアドリブが見たい」というヲタク的な気持ちもありましたが、今、目の前の、生身の彼を見ること、でしか感じられないパワーとかがあると感じていたし、またスポットライトが当たっていない時の細かな表情等に「素に近い彼」を感じられる気がした故、でした。「少年隊のカッチャン」、好きです。「○○って舞台の××って役」、好きです。でも、そんなの見せてくれていたかはわからないけど私が一番好きだったのは「一生懸命仕事をするウエクサカツヒデ」でした。彼はタレントをやりながらもどこかサラリーマン的なところがあった。「自分を表現したい」と、望んで入った世界ではないようだし、やりたい仕事もどうやらさせてもらってる感じもしないし。でも、いつどんな時も前向きに捉えてひたむきに取り組む姿に親近感を覚えたというか、ついていきたいしこんな人になりたいと思わせてくれた。

…はいっ、ここまで読んで「そんなのテメーの幻想だよ、所詮は女遊びとカネの亡者のクズだよ!!!」と思った方、は、話が合わなそうなのでもうここへは来ないで下さいネ。彼のそんな姿を近くで見てきた人間と私では住む世界・見える景色が違うのですから、同じベクトルで測ろうとする方がどうかしてるんです。誰だって夢は見て良いし、そこだけは何を思っても自由。違いますかー?世の中、人生…良いことばかりじゃない。良いことの方が圧倒的に少ない。でも、でも逃げずに頑張って義務を果たしている人間が、頭の中で何思ったって良いでしょ。誰だって自由に生きたいよ。何にも縛られず好きなものに囲まれて好きなことをして、それが出来るだけのお金も環境もあって。でもそれが「幸せ」とか「穏やかな生活」なら、私はそれ、「どうなの??」て思うし。正直羨ましいよ。けど私の人生はそれじゃあ許されないから。それじゃ生きれない。きちんと「そんなのダメだ」って、叱ったりドン引きしてくれる人が周りに居て、また自分もそういう感性を持てているからね。…え?いや、だから羨ましいって(笑)。出来ればそんな生活したいよ(笑)。宝くじ当たらないかなーって、いっつも思ってる(笑)。けど、当たらないんだよ、ねー。たぶんずっと。うん…立派な人間に、なりたいな。カネとか名誉とかじゃなく。何を持って立派なのかもわからないけど。人生一回だからさ、、、どーしてくのがいーんだろうね。

物を書くのは好きですが、意外と(?)本は読まないからボキャブラリーが足りない、偏った表現になってるかも。「自分はあまり妄想癖はない」と思ってたんだけど、いや、意外とそうなのかもしれない。カッチャンに関して、本当沢山の可能性を示唆する。これでもかってくらい。どれも勿論、ネガティブなやつ。私が好きになる大抵の方は、何事も最悪のパターンを想定しておき、いざとなった時のための準備をあらかじめしておくそうです。私もそう。わからないこと、わからないカッチャンのことを、とことん最低に思っておいて、、、心配してる。後出しみたいでアレだけど、この辺まで落ちたのは、割と想定内。けど、果たして私が心配するような心境でいるんだろうか。これで意外とケロッとしてたら…ぶん殴ってやりたい(笑)。「あなた、私がどんだけ心配したと思ってんの。わがままなあなたの心情をどんだけ考慮したことか。例え世間や誰かに糞だのクズだの思われようが私はあなたの気分良いように生きてくれれば良いと思って祈ってたのに何?ばか?ほれ、おこづかいだよ。大切におつかい。。。」みたいなね←。(我ながら何故未だにこんなにカッチャンに執着するのか全くわからない)。

「笑顔で何も考えてなさそうなカッチャン、が、実は悩んでて傷ついていて、私はそれに気づいていて、優しさをあげて、それをカッチャンが気づいてくれて、「俺も再び立ち上がらなければ」と思ってくれたら」……というのは美しい妄想で「実は何も考えてないし何も気づいてないし何もする気もなく、隊もファンも自分のこともどうでもいい、とにかく楽したい、が正解でしたー」だろう、よ、世の中。まま、良いですよ、それで。だから私も思い悩まず、自分勝手にわがままに気まぐれに、自分の人生を生きようって、ゆるゆる待つかって決めたんだから。生きるだけでしんどいし大変なのに、娯楽や趣味においてあえて自分を苦しめる必要は、ナーイ。

完全っに、独り言だね(笑)。まぁここまで行くと私にとってカッチャンは娯楽や趣味を超越した存在ですがw何だろう?研究対象?何の???おかしいな。話したこともないのにねー。でも今ばったり会ったらファミレスで夜が明けるまで話できるくらいの妙な自信あるよ(笑)。いや、決してナメてるわけじゃないよ!そんな!私はそんじょそこらの奴とは違うよ!?ちゃーんと植草サンのこと尊敬してますって。まぁ所詮、「商品としてのあなた」しか、知りませんけども。。。でもね、人が拾わないような細かいニュアンスとかいちいち食いついて深読みしてる。たぶん本人は「俺、そんなこと言ったっけ。覚えてない。てかお前考えすぎだろ」とか言うんでしょうけども(もっと酷かったら「ああ、それ?俺言ってないよ。誰かが俺をイメージして適当に言ったり書いたりしたんじゃないの?ゴーストゴースト」て返ってくるでしょうけどそれはそれで気持ちぃわ)。

基本、騙されも良いと思わなきゃ信じないし、全ては夢だと思って飛び込んでます。だからその世界で傷ついたり裏切られたことは実生活に影響を及ぼしてはならない、ね。その一方で「(当然のように)信じる心」って良いなって思ったりもするのです、私にはない部分だから。振り込め用紙が来なくても自ら振り込む!偉い!「FC終わるんじゃないか」、過ぎらない!凄い!謎の打ち合わせが気になる!偉い!あれは「俺が何か仕事するんじゃないかと思わせるパフォーマンス」だと思わない!凄い!…私はね、例えパフォーマンスであっても有難いと思うのです。その茶番のために、植草サマが外出されて芝居うってくれた、素晴らしい功績であると(頭どうかしてるだろ)!何にせよ、特段痛いところもなく意思判断能力を備えて生きているのであればハレルヤ~!なのであります(だから私はアイドルが自分に冷たくしたからって刺しちゃう人の気持ちは全く理解できない。相手にされなくて当然だし、むしろ視界に入ってスミマセン、好きでスミマセン、お金を払わせてくれてありがとう、いや、そのカネさえ払わせてくれない、不満、いや、どっかで生きといてくれればハレルヤ~!!!!!ありがと~!!!!!て感じです)。

…カネカネ言ってますが私そんなにがめつくないのでご安心下さい。存在が夢である彼に対してもきちんとシュールリアリズムを感じているよ、という表現においてカネというアイテムは必要不可欠になるのです。。。彼の舞台を見たことある人ならば、それ以上の価値が有ることなんて、言わなくてもわかるダロ?さ。ニシキも51だよ。カッチャン誕生日、久々「本人不在のパーリー」でもしようかね日曜日だし(毎年ニシキとカッチャンは必ず誕生日が同じ曜日になるの、知ってた?)。それまでみんな、生きてような。いや、冗談じゃなくて。憧れの人が自分の前を歩いていて、ついていける今に、感謝しよー、な。うん、ばいびー
スポンサーサイト
ひとりごと。 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。