07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

愛が止まるまでは。~ゲスいセンテンスで日本を変えたいぃぃぃ(号泣)

2016年01月31日
遅ればせながら、新年おめでとうございます。
本年も例年以上にマイペースに生きていこうと思います。
お目にかかる機会があれば何卒よろしくお願い致します。

2016年ですよ。未来感半端ねぇ\(^^)/何がびっくりって「Change」から10年経ったということが驚きを通り越し何か涙出てくる(;∀;)年取るわけですよ、えぇ。おちおちしてたら本当に人生終わりますよ(笑)"一度きりの人生"と思うとわけのわからぬ焦燥感みたいの覚えますけど、でも"今の私は"のんびり生きたい。長いスパンで考えると「このままで良いのか」と思ったりしますけど、結局人って瞬発的なものが大事だと思うんです。"今"辛かったらどうしようもない。"今"気持ちぃのが一番。本当「ケセラセラ」でございます(最近この言葉大好き)。…年の割に物凄い"晩年感"強いですけど(笑)まぁまぁ。本当に然るべき年になったらどう思ってるんだろう?

てなわけで、私、最近は珍しく比較的穏やか、です。いや、年始の某騒動には一瞬動揺しましたけど。一通り考えが巡ったら「まぁどうしようもないよな」と、良くも悪くも割り切って、そっと穏やかに風化させることができました。広い世の中思うと大したことを経験したわけでもないんですけど、自分の中では今まで結構な数の「どうしようもない」ことに出会ってきた故、割とすぐ諦めつくというか、いやいや、受け入れられるというか。そんな時は不意に「どうにもならないことなんて、どうにでもなっていいこと~♪」と口ずさんじゃったりするのです。悩みで頭いっぱいの時は世界が全て覆われてるような気になりますが、ポツンと立ってみるとそれは自分の脳みそで作っただけの世界だということに気づくんですよ。リアルで起こった出来事は自分の力である程度変えていける。そうでない出来事(=ことアイドルに関する色々)は、一大事な気がして実は自分は全く関係ないので。良い意味で全然、肩の力抜いて良いんだ、よ。もしかしたら、もしかすると、自分も協力出来ることがあるかもしれないけど、自分のせいでは、全くないからね。そう…思えただけでも私おっとな~(´▽`)ww自尊心なんて生きてりゃ下がりまくりなんだから余計なことで故意に下げることは、ないっ。

でも、何が心を燃え上がらせ高揚させ何にパワーが沸いて動かされるかは人によって違うからね。私はグルッと回って今は本当になんにも動かされないというか…世の中的にとか数的にどう見える、例えばその様が派手な程自分のご贔屓さんが喜ぶかなとか、考えなくなりましたね~…。オリコンがどうとか、ファンの量がどうだとか、なんとか。とにかく好き、という基本形のもと、ご贔屓さんも何だか勝手に幸せそうで、出来ればその姿を沢山こちらに見せてくれることもまた幸せとしてくれてたらこれ程こちらも嬉しいことはないと。何でもそうだけど、嫌なら辞めちゃえば良い、し。誰も止めやしない、し。犯罪以外、そんな大したルールはない。多少苦しくてもそちらを選ぶなら、それは誰かを思う自分の中の素敵な心なんじゃあないかね。それを選んだんなら、責任持つのは当然だし。ただ私は、、、戦うことは好きじゃない、ゆるっとしてたいタイプ、でしゅ。それがファンとして「逃げ」というならば…そうなのかもしれませんね。もう、なんでもいんだよぅ。

ところで、少年隊ファンの皆さん、プレゾンファイナル直後はたぶん色々お手紙書いたり署名(?)したりしたかと存じますが、未だにそれを続けてらっしゃるのでしょうか。それとも何もせずにとにかくじっと待ち続けてるんですか?スマップ騒動を見ていてそんなことがよぎった。まぁね、今回のことできっと要望等もM女史の目に触れる前に抹殺されてんだろうと想定し絶望しましたけど。何か働きかけるのが偉いと言っているわけではなく、この植草さん実質活動停止の昨今、ファンだということを銘打っていらっしゃる方は何をモチベーションとしておられるのだろうと疑問に思ったのです。。。過去を反芻して崇めること、かな。限界、ないのかな。スルメ、なの?(噛めば噛むほど味が出るっつぅ)。でもね私、植草さんは一見可愛らしく見えるけど究極のどえすおじさん王子だと個人的には思っていたんだけど、やっぱり間違いない気がするな。だって植草ファンの気持ちって他のファンの皆さん、考えたことあります?副担以下の気持ちで彼を見る分には「いつも穏やかでにこにこしてますね(^^)ほっこりv」かもしれませんが、専門(自担)にしたら、あんだけ自由気ままに勝手やって自分のファンには冷ややかな目線と「うっせー」で済ませ、今なんてだいぶ長くロクな働きもせず充電中でファンをほったらかしにして恐らく何も感じてない、言ったら「勝手についてくれば?」くらいの気持ちでしょう、そしてファンはそれを充分理解しながら寛大な心で黙認し(むしろそんなとこも好き、くらい思っていて)、出てくれば表面上穏やかな健全なふりしながら褒めちぎり(たぶんその分反省会という名の飲み会で散々ディスっているかもしれんが)おおよそニシキとヒガシの情報しか送りつけてこないFCメルマガをこっそり削除しながらも当然かの如くお布施を続け、たぶんそれは彼らではなく売り出し中の後輩達の活動資金に充てられてることを知りながら、笑顔に涙を浮かべ無理して夢を見続けている究極のどえむ、そんな集団なんですよ!(…いや嘘、そんなん私だけかもしれん)。本当の「去る者は追わず」はジャニーでなく彼だし、本当にしくじったのはトニーじゃなくてメリーなのよ!!!

…どさくさに紛れて調子乗りましたすみません。。。(ところで或る人曰くM女史は「昔からそういう人だった」らしいけど、ならばそんな会社の社員と結婚するこたぁないし、息子を入れようと思うのもおかしいし、そしてそんな人に無理やり解雇されたことを恨んでるけどちょっと意味がわかりません。むしろされて良かったんじゃないの?結果から過去を改ざんするのはおかしいでしょ。世間の風潮に乗れば人からかまわれる・好かれると思ったらそれは違うと私は思うよ。それよか私はブレない素直な人が好き)。
やっぱ私、歪んでるかなあ。。。でも純粋に知りたいのよね、モチベーション保つ方法を。代わりがいないから?でも思えば思うほど悲しくなぁい?なんにもない現状に。私が冷めただけかな?いやいや、例えば電車に彼が乗ってたら「うぉぉぉぉ好みぃぃぃ」て思う自信は今でもあるよ(笑)キリッとした眉毛とくっきり二重は◎なので、もう少し痩せて髪が短かったら完璧よ!(何の話や)。

というわけで、、、全国おおよそ1億3千万人の植草ファンの皆さんが今どう生きていらっしゃるか、非常に興味がありますのでお教え頂けたらこれ幸いと、思う次第でございます。良かったら聞かせてね。よろちく。
✄--------------- キ リ ト リ ---------------✄


いや、私だってね、ファイナルの時「みんなの声が必要です」と、彼がそれを望んでいると思ったから、その時は自分なりに頑張りましたよ。その後だって、ファンが引き続き自分を見てくれるのがきっと嬉しいだろうって、応援し続けた。けど、そうしながらも私は、「手紙や署名をすることは、逆に数の少なさを露呈する材料にもなりかねない」ということを頭においていたし、「期待をし続けることがプレッシャー、またはそれに応えることの出来無い状況下にいるのなら逆に彼を苦しめることになるのではないか」と思ってやってたんだよ。けど、何もわからないから、あくまでステレオタイプの"良いファン"であろうと努めた。本当の彼の幸せも知らず。でもあの人は昔からことあるごとにお金もちに憧れていて、きっと今働かずとも"大金侍(持ち)になる!"という夢は叶っているのだから、それはそれで良かったんじゃない?と思ったりしてね。例えば彼が"少年隊"をやること、"カッチャン"でい続けることに疲れたのなら、30年間楽しませて夢見させてくれたんだから、「ありがとう、もう休んでもいいよ」とも思ったり。。。元々、良くも悪くもタレントっぽくないじゃないですか。欲やがめつさハングリー精神も特になく、望んでこうなったわけでもない。だから本当の意味で自分らしい人生を取り戻せたのであれば、それはそれでさ…。でもなぁ、あれも嘘だったのかもしれないけど、、、"役者"は結構本気でなりたがってなかった、っけ。それは…やっぱ未だに私は応援したいと思うんだけど。。。ダメかね。私は別に事務所担じゃないから、どんな小屋でも構わないよ。現妻の会社で子役としてデビューしてくれてもいいし(とんだカオス)。まぁ同じ子役なら忍さんのとこに行って怒鳴られるのも見てみたい、合法ショタでしょ?いや、私の中で「カッチャン=可愛い」て図式は担当になった時に消えたんだよ全然ショタじゃない、むしろ逆ギレして暴れる姿しか想像出来ないしそれはそれでそそるものが(ry 。

…本文にカッチャンはファンのこと考えてないというような表現をしてしまいましたが、、、それは受け取り方の問題で、そうじゃないのかもしれない。ただ私は少なからずそういうものを多少なりとも感じていて(まぁでもそれが彼であると受け止めてはいるんだけど)、変に肯定したりするのは逆におかしいと思うから滅多に誰も言わない"本当のところ"を改めて記すことで現実を受け止める時間にしようって、ここを更新する時はね。彼だってもしかしたら「違う、俺は考えているけどどうにもならねんだ!」と弁解したいかもしれない。でもそこは私達の知ったことではないし、本当に心底そう思うなら何かしら行動して頂けるはずだし。結果と目に見える事実はいつでも存在するわけで、一度逆を向いてしまった相手に説明するには、自分にとって都合良いものは悲しいかな全て「いいわけ」になってしまう。自分の中で多少納得いかずとももう一度相手を振り向かせるためには、相手が欲しがってる返事をすること。そこまでして自分を曲げたくないなら関係を切るしか、仕方ないけどないんだよ。私はやっぱりまだ心のどこかで引き止めて欲しいと、可能性を眠らせて欲しくないと、彼に対して思っているのかもしれない。だって、自分とは関係ない"彼個人の幸せ"に配慮するくらい、思わせてくれたことは、やっぱり特別なこと、なので、ね。深ぁく思ってるかは、正直今はわかんない。わかんないよ、なぁ~んにも。もうなぁ~んにも知らんよ~ぉぉぉ。

だらだらしてごめんね。2~3月はお仕事キツそうなんだよな私。そんな時にね、救ってくれて惚れ直して糧になってくれたらどんなに良いんだろうって、未だに思ったりして。しつこくて悪いね。「もう忘れろよ!」ってね。かしこまりましたー(^^ゞまぁカッチャンが全てではないからね。。。いーことありますよーに★
スポンサーサイト
ひとりごと。 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。