07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おじさんの深いぃ話(vol,2:チャンゲ~カッコイイは面倒臭い)。

2015年08月27日
頻繁な更新頻度。

いやぁ、出たいと思った時に出れる気まぐれさは
今までの私にはなかったけど良いもんですね。
これも一皮むけた証かな。
大事だけどそんなに大事じゃないから楽にやれる。
何でも真面目にやりゃ良いってもんじゃないのは
むしろ大人になってからわかったことかもしれない。
まぁ言っても、根が真面目なんですけど、ね…w
では今夜は119・120合併号。PLAYZONE2006。

この作品、「あんた痩せたねぇ」につきる(笑)
先輩に「俺たちはかっこよくなきゃいけない!」
と言われ絞ったんですよ、ね。
どういうつもりでいきなり目覚めたか定かではないけど
私は異常なまでのその様を見ながらまるで彼が何かに
必死にしがみついているかのように思えた。
前号で悟りを開いた彼は何かをつなぎ止めるかの如く、
そうせずにはいられなかったんじゃないのかなって。
何が答えかなんてわからないけど、
先輩のような25周年にするにはそれが必要と…思った?
もしも神頼みをするならば、
少しでも努力していた方が心象が良いもんね。
まぁこちらもひとときの夢を見させて貰ったので
全く無駄ではなかったけれど。
いや、別にぽっちゃりしていてもどうってことはない。
大事なことはそんなんじゃない。
何をかっこよしとしチョイスしていくかも大事な1コマ。
真っ黒に日焼けして
「おっさん何考えてんだよぉぉぉぉぉぉorz」
なぁんて思ったりするもの楽しいですからね(笑)
だがしかし、今号では見た目もさる事ながら
結構かっこいいことを言ってくれています。


「みなさんにお金を払って見てもらってるんだから、
 それだけのことはあったと満足して帰ってもらえるかどうか。
 それが、最初の俺らの課題でしょ。
 そこまでやるのが当たり前で、
 それ以上のものにしていく努力が必要なんだよ。
 過程の苦労はいいの。
 より良く作れて現場が楽しければそれで俺はいいと思う。
 それで、お客さんから「面白かった」って言ってもらえることが
 俺たちの幸せなわけだから」


え、どーしたの、ゴーストなの???
隊夢で「努力なんてしたってしょーがないじゃんw」と
発言していた人と同一人物とはwwww
…いや、これが彼の技だと、思うんですよね。
これが、本当。私の中のカツヒデは。
本当はこう思っている。
けど、相手に肩肘張らせないよう、
あえてかっこいい自分を見せないよう、
いや、自意識よりも周りのこと、だからこそ、
過程の苦労はいいと、はっきり言える。
最近見たエンドレスショックのドキュメンタリーでも
散々かっこよく語ったあと、
「俺のことはいいのよw」と笑って立ち去った。
私が信じたいのは、このカツヒデである。

私…個人的にこういう人が好きで、ね。
他人に安心感を与えられる人って凄い。
本当は頑張ってるのにしんどいはずなのに、
少しでも笑顔で自然と人の心に寄り添える人。
まぁそういう人を「ウザイ」と思う人もいますが。
私はなんだか自分が受け入れられたようで、
そういう態度をとられると嬉しい。し、
こういう一見大丈夫そうな人のことこそ
目を離さずに思いやりたいと思う。
だって優しいじゃん。
人としての温かさを当然に持つ人にこそ
感謝していたいし力になりたいと思う。
まぁでも大体こういう人はそういうの
やられ慣れていないから動揺すんだよね。
「ありがとう(オロオロ」そして気の強い女が好き。
…ちくしょー!!!!!

…………。…で、、

今回の振り付け師のヴィンちゃん、
踊りが苦手キャラの彼が「好きだ」と言っています。
理由はハートがあるから、と。
振り付けひとつひとつに意味が込められていて、
それを細かく解説した上でやるから。うん。
気持ちをぐっと入れてやるからアップテンポの曲より
ずっと疲れるんだそうです。それを「好きだ」と。

…さてはあなたも結構な面倒臭い人間です、ね?

世の中割と、本質的なことがわからずとも
とりあえず表面だけさらっと覚えて実行すれば
効率的だし早いしそれが「器用」と呼ばれたりする。
私も割と刹那的でそうやってうまくやってきたくち。
しかし時にこういうこだわりが大事だと思ったりする。
たまに人生でまっすぐな目で見てくる人がいると
このやり方じゃドキッとしちゃうのよね。
結局本質がわからないとミスしたりするし。
その中でヴィンちゃんみたいな指導する人がいると
自分の甘さがわかるし関心しちゃうしもっともっと
純粋でまっすぐにいなきゃいけないなと思う。
こういうのをまた「ウザイ」と思う人もいるのよ。
「細かいことグチグチ言って。やりゃ良いんでしょ!?」。
…けど彼もこういう指導者を好むという感性が
私と割と似てて「間違いないなぁ」と思いました。
「どうして?」と人に聞かれた時に理由をきちんと
述べられないようなことはしないようにしています。
まぁ、まだまだ全然甘いんですけどね、私なんて。
だからそういうことを自然と出来る人を尊敬する。
長く生きてる人って本当に魅力的だよな…←

インタビュー終盤はゲネプロで振りが飛んだ件。
たぶんインタビュアー側は
「うっかりおじさんのてへぺろ話」
に話を持ってこうとしてたんだろうけど、
今回のおじさんは最後までかっこよかった。
ご本人はさほど気にしている様子もなく、
ちゃんと出来てたけど1テンポずれたから
真っ白になっただけのことさ、と言ってます。
たまに…インタビュアー側?制作側に、
作為的なものを感じることがあります。
「彼はそういうキャラだから、
 こう持っていきたいんだろうな」って。
人から求めらることが何かわかる彼は
結構な割合でそれに応えたりしますけど、
たまにしっかりした自分を出すことがある。
それが…好きなんですよね。
私の描いたカツヒデ通りの回答が。
逆に「間違っちったwがははーw」てのを聞くと
「おやおや、お仕事ご苦労様」というか…
「うんうん、いいよ、お仕事してるね、
 こちらはそれを信じるテイ、ね。
 わかったおっけー了解しやした御意!」
と、思いながら私はにこにこしています(^-^)
素直に受け止められたらどれだけ楽だろうと
思った回数は星の数ほど!知らんがな!

この年の彼はかっこよかったねぇ…。
いや、そりゃあいつでもそうなんですけど、
見た目もそうだし一挙一動惜しげもなかった。
群舞があったんだけど本当一生懸命で。
いや、それを評価してるんじゃない。
消えそうな何かを必死につなぎ止める姿に。
大人の男が迷いながら強く生きる姿、が。
それはDVDのメイキングでもわかりますよ。

あれも良かったなぁ……。
久しぶりに見ようかな。
じゃ、次はその話するわ。
相変わらず長くてごめんね。
私の無駄な話が入るから(笑)
でもそれがなきゃ無色になっちゃうから。
なにいろに見えます?
なにいろにしてもドギツイわよね(笑)
すみません本当。。。

じゃ、まったね~(ヾ(´・ω・`)
スポンサーサイト
ひとりごと。 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。