11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

まだ見ぬ未来で待ち合わせ。~第3倉庫に8時ハァ━(*´Д`*)━ン!?

2016年12月17日
「何年ぶりに顔見たんだろう」
と思ったけれど意外と鬼見たりしてそんな何年ぶりでもないのよね。でも何かそんなような気がしたのは彼がよそ行きの格好をしているからかしら。いつだかのXmas動画は「この人このまま消えちゃうんじゃないだろうか」と思うくらい悲壮感に満ちていたと記憶していたのですが今回はひと山ふた山乗り越えやっと落ち着いてきた頃かなっていうか「何だか大丈夫そう!」なお父さんの姿に胸をなでおろしている娘の心境です← 。それにしてもやっぱり変わったよね。無理くり明るくしなくなったところとか、終始まるで「は?お前ら何がそんなに楽しいの?クソかよ」と言っているような死にかけた目鋭い目つきが私は逆にすっごい好き。でも最後は笑っちゃうのね。それは彼がずっとそうやって生きてきた過去の自分をまるで肯定するような、どこかその生き方に自信を持って生きているような、もしかしたら「こんな俺」と思っているとしてもそれを待っている人が確実にいるということを知っているから見せるような、そんな笑顔のように見えました。

…この場を借りて。もしあなたの言うことが本当なのだとしたら、私は我慢できなくて待てなくて、あなたの気持ちを受け取ることができませんでした。ごめん、ね。せっかくweb更新してくれてるのにさ、仮にも3人揃ってくれたのにさ、記念品送るってやってくれてるのにさ、私はそのどれももう受け取れなくってさ。ちょっと長かったわ。待たされ過ぎたわ。堪え性ないかなあ。「根性なし」て怒鳴ってくれても結構だよでもね。私の気持ちもちょびっとわかって欲しいなあ、なんて。寂しかったよ?辛かった、し。まずさ、究極気持ち悪いことを述べさせて頂くならば、ウエクサさんは私の道しるべというか、心の支えだったのよ、ね。辛いこと、なかなかうまくいかないことばかりの私に、周りの期待に応えながらも大変なはずなのに笑って生きているあの人が現れた。その姿に励まされたというか憧れたから、私も人の道を外さずに真面目に生きて来られたところはあって(ただその頃は非常に盲目で彼を大変美化していたところがあり、必要以上に超ぉぉぉ真面目に生きてしまったため逆に友達があまり出来ない事態に陥ったwwしかしその後結構彼もロクでもねえところがあると知るのですがその頃はもう自分の中で彼がすっかり神と化していたので「それでもいいっす…!」と私の奴隷気質が益々進んでいったのであります)、今思えば狂気的に依存していた私が、近年のカクカクシカジカでやっと普通の人間に寄れたのは結果オーライではあるかもしれないけど、ただでさえ聞こえてくる音や見える景色に敏感な私にとって、いくら「病んでる人の戯言」だとしても彼の「元Yome」という立場の人間が彼のディス(およびサウス潰し)をネットワークを利用し継続されることがもうかなりの負担でした。しんどかった(だったらやめちまえば良いだけの話ですがそんなんでスッパリやめられるならこんなにこじらせないって話で。こじらせてるからこそのウエクサであって…!!)。ねえ…(あ、怒ってる??)。

アレをアレして貰ってアレ出来たんだけどね(お察し下さい)、うん、、、わかる。いや、わかってあげたいよ?しかしね。人生一度きりなんだよ。48の、49の50のあなたは、もう二度とないんだよ。だから例え「中途半端なお年頃」でも、見たい。「ヤればデキル子」なんだから「走りながら考える」ことだって出来るでしょう?「何もしてないわけじゃない」ていうけどさ、そんなんこちらは知らないんだよ。ただ悶々として、悪い想像ばかりが頭に駆け巡って、どうしようもなく不安になったりすることがあるんだ。…わかんないかな、根っからポジティブな人には。でも当たり前じゃないからね、生きてることも、生きてれば良いことがあるなんてことも。後ろ向きに生きようってんじゃないよ、これからの人生ひとつずつ大事にしていこうねってこと。だってきっと人生もう折り返しちゃってんでしょ?「いつかやろうはまずやらない」だよ?

なんてね、(標語のようなことばかり言うようだけども)私もそこそこ生きてきた中で本当に「他人は変わらない」ということを痛感していて、ならば自分が変わるしかないんだけも、彼のこの「充電期間」は「彼自身(=他人)」という「個人(=人単位)」で選択したものであるのか、「組織(=事務所)」が彼をそういう方向に持っていったのか、(彼は「なってしまった状況(=運命)」を変えようとするタイプでなく、なんとかポジティブに自分の中に消化しようとするタイプだと思うから)そのどちらのかわからないのがもどかしかったりしますけども。彼は別に自ら作品を作るアーティストでもなし、自分の得た経験をどう活かすかの選択が出来ないわけでしょあの会社に所属してるんだから。「これやりたい!」と思ったって「どなたかの」意向に沿わなかったらねぇ、例え300万枚売上たグループでも平気で消滅させますからねぇ(この話すると心乱れるからやめよう)。。。だからね…正直今後「望めないのかなあ」なんて、思ったりもしますが。でもそこは「いいことだけ信じよう」の精神で行くと「ポジティブサンキュー!!(例え嘘でも^^)」と解釈しようかと思いますょ。「真実」が必ずしも幸せへと結びつかないならば下手な憶測はせず表面を撫でるように素直に受け流せば良いだけということは理解しています(でもそれだと長年ブロガーやってる私の芸風(持ち味)が出せなくなるというか、「私」というタデを食って下さってる方に合わす顔がないので(凄く少数だと思うけど、10人から平均点より3人から満点を狙いたいのよ自己表現においては)あえてモヤモヤした気持ちを素直に披露している次第)。

ということで、今年の終わりにプレゼントぶっこんで下さったことには大変感謝致します(あざーっす)。しかし、欲張りかもしれませんが是非、これで終わりにしないで下さい。これは何かの伏線であると、私は信じています。というか、私なんかよりもっともっと信じて待ってる人がいっぱいいるんだから、そういう方たちのために頑張って頂きたいと切に願っています。
>>続きを読む・・・
スポンサーサイト
ひとりごと。 | コメント(0)

時を止めた最後の季節~例えもう届かなくても君へと僕は歌うよ。

2016年12月11日
個人的に2016年はまさに「情報に踊らされる~最終章」となりました。

思い起こせばそれはおよそ10年前くらいから自分の中で始まっていたことなのかもしれません。「カッチャンが痩せた(やつれた)のは嫁から充分な餌を与えられてないからではなかろうか」から始まり(本当にそんなこと思ってるわけじゃないですよ。そういった憶測をするまでも彼のことを深く考えてしまっていたという例)、プレゾン07の謎のアンケート、親子共演(実態と雑誌の掲載内容に相違が見られた)、DVD発売中止、プレゾン終了……、離婚、再婚、元嫁登場、活動激減。彼を追えば追うほど遠ざかり、それでも考えずにはいられないくらい色んなことがあって、そして彼は何ひとつに対しても自分の意見を述べることはなかった。答えの明かされないことを死ぬほど考え抜いて、自分のやれることをやってもどうにもならず、悲しい現実は容赦なくやってきて、時は何事もなかったかのように流れていく。
自分が好きな感覚に関して夢中になりそれしか見えない盲目な状態を「幸せ」て言うんじゃないかと思うんですよ。例えば今目の前にカッチャンがいれば自分の中に入ってくる情報はほぼ「それだけ」になるので頭の中は幸せでいっぱいです。帰りの電車の中でも残像が残っているのでまだポワポワしていられるでしょう。でも次の日仕事に行けばカッチャン以外のいろんな情報が入ってきていつの間にか薄れてきてしまう(ちなみに私は帰りの電車の中で既にいろんな情報を吸収してしまう癖がある故、多幸感がそう長く続かない=幸せを感じにくい感性であるといえます)。だからね、いかに夢中に盲目になれるかで「幸せ」は決まってくるんじゃないかなって。他から見れば愚かかもしれないけれど、何たって「それしか見えなくて幸せ」なんだからね、「愚か」と思われてることさえ気づかないんだから結局ボケ勝ちというか、ポヤポヤしてた方が勝ちなのかな、なんて。わかっていても人って好奇心の塊でもあって、好きであればあるほど色んなことを知りたくなって調べたりもするし、今はスマホがあるからすぐに情報を取りにもいける。でもその「情報」は真実かどうかはわからない。。。
私は最近、そういった情報も「自分の信じたいことだけ、思っていて気持ちの良い感情だけを持つようにしよう」と思い始めた。正直、芸能ネタなんてほぼほぼリアルの自分には影響を及ぼさないものです。だから変な話、、、スマップだってメリーのせいだと思うから腹が立つわけであって「何か言えない事情があるんだろうけど本人たちが決めたことなんだ」と思えば納得しようと思えるし、例えばゲスのことだって「お互い本当に好きだったんだから止められなかったんだよ」と悲恋を描けば美しくも思えるし、なりみーのことだって「捕まる前に引退したんじゃないの?」なんて穿った見方もできるけどもそこは素直に「騙されちゃって可哀想。。。」と思ったほうがさ、、、。ずっと人を疑った心のままいるよりも、「信じる」てピュアな気持ちが長続きする方が例え結果がどうなろうが心のけがれは抑えられるんじゃないかと思うし(どうせ裏切られんなら「信じていた無垢な自分」という肯定要素が少しでもあれば程々な後悔で済ますことができますしね)。自分が関わってるトラブルについてはちゃんと責任持ってどうにかしなきゃだけど、そうじゃないことは持っていて清々しい気持ちの方を選択すれば良いんじゃない?この考え方、人によっては「真実に目をそらして何の努力もしない!」と映るかもしれませんが、私は「こういう人」なので。普通に過ごしていても街じゃ目に入ってくる情報が多すぎてその処理に頭フル回転で混乱しがちだから、もうゆっくり流れる時の中で感じたいことだけふんわり感じていたいのよ。一度きりの人生、関係しない他者のことで感情ジェットコースターになることを、私は選ばないってだけ。平穏無事が一番…

ところでもう長いことJネット(およびウェブ)を開いていないんだけども結局今年のかっちゃんのお仕事は鬼のみということでおk?何だかねぇ。。。…私は何か良くないことが身近で起きると全て自分のせいにしてしまう癖があります(よく人に「あなたは悪くないから」て言われる)。それと同じようにかっちゃんに良い風が吹かないのも「かっちゃんのせいかな?」と思ったりもしちゃうんだけど、よく考えたらあの会社のせいでもあるよねっ(洗脳から覚めた人のあくまで個人的な意見)。スマを解散に追い込んだことで一般にも「ブラック企業」として広く知られるようになり、やっとFCの規約是正に入ると耳にしましたが(もう何のFCにも入っとらんと私には関係ないけどなぁ(゚Д゚)!!)、そもそも「もう使い物にならない素材(J事基準)」を飼い殺すしか脳がないなんてどうなの?っていう。所属タレントの魅力を見つけて売り込んで仕事探すのもタレントをやる気にさせるのもマネの腕次第でしょ?それができず才能腐らそうとしてるだなんて能がないって証明してるようなもんでしょ。年末ジャンボ当たったらスマップおよび隊を買い取りたいわ(10億じゃ足らないかw)。それにしても錦織さん、某後輩にかっちゃんの話ばかりしていたそうだけど、「錦と呑みながらかっちゃんの話をする券」あったら買いますし、何よりかっちゃんNoWork状態でネタが枯渇してしまった私にとって変わらず豊富に彼のネタをお持ちである錦織さんがブロガーとして単純に羨ましい←(ひたすら昔話をしていたの?それとも近頃のウエクサの話してんなら是非私にも教えて欲しいし相変わらず仲良くしてるのなら微笑ましい、し、その様子電波に乗せたらカネ取れるし(ゲスい)そしてあわよくば私も仲間に入れてケロ)。
…言っても3分の2(=錦&東)は今でもお仕事してるし贅沢言うなって言われそうだけど。2人のことも好きですよ。本当彼ら3人はそれぞれバラバラの個性を持ってるけどひとりひとりに尊敬出来る部分がありますしかっこいいし(錦織さんに至っては「下がり眉・声枯れ気味・あごひげ」が好きな私にとっては非常に好みに近いんですが)でもしかし、もはや見る影もないかもしれないけど一応「推し()はウエクサ」な私にとってどうしても2人の活躍を「良きことよ(´ω`)」と思いつつもつい「かっちゃんどうしてるかな」と思ってしまったりするのです。それは仕方のないことだよね?本当自分でも何故こんなにかっちゃんに拘るのかわからないんだよね。誤解を恐れず言えば「コレ!」ていう決め手はないし、悪い噂ばかり聞くしきっとリアルで私と知り合っても別に気が合うでも相手にしてもらえるでもないだろうと、そこまで悲しい推測ができているのに何だろう「気になる」んだよね。人なんて全てにおいて好きでいなくたって良いと思うんです。ある側面だけ好きでも、それは立派な「好き」であって、、、とりあえず何だかよくわからないけど、それについては考えず、また私の都合とかっちゃんの頑張りのタイミングが合致したならば、、、お互いまたお世話になろう、ぜ?一番良いのは3人だけど。グループやってる時が一番互いが引き立つというか、私の目には輝いて見えましたから。。。ん?言っても仕方のないことは言わない、自分がどうしてもどう思ってもどうにもならない。わかってるけどつい、ね。で、会報は何言ってたのー?(程度はまだ興味あります)。

さて、世間はすっかりクリスマスですよ。ただでさえあまり得意ではないけど今年はもう「メリィ」なんて聞きたくないからほかの単語に変えて欲しいと思っている。そして如何にして年越しを過ごすかが課題です(えねっちけーも8チャンも見る気がしない)。もうどうしようもないのはわかっているけども、年を跨いだらスマップはなくなってしまうから、ね。ラスト追い込み…やっぱ普通じゃいられないだろうなって(言っても30まで仕事あるんであっという間なんだろうけど。28日発売のDVD見たらたぶん泣いちゃう。しかし目ぇ腫らして仕事行くわけいかないし(そもそも平日多忙で見る時間もなさそうだけど)でも年越したら見られる気がしないので30から31にかけての夜見るしかないと思っている。しかしその前にスマスマ最終回があるということに先ほど気づき、まぁ見ないわけにもいかないから見るけど翌日の自分がどうかなっちゃうんじゃないかって大変心配である)。どうしようもない悲しみはそれこそ現自担様に癒して頂くのが一番と思いつつも今年ラストライブ&忘年会は28日開催とのことで、まあ仕事があって行けないよね。地獄か。会社爆発しないか\(^^)/(「新幹線で来ればあっという間!」なんて煽ってくるけど行けないものは行けないんだ(号泣))。まあとりあえず年内あと1回お会いできるから、生きるね(色々こみ上げて泣くかも)。

完全に独り言すみません。今年は自分の職場でもガンガン人が辞めてって、サウスさんも流れに乗ろうかと思ったんだけど、なんとか踏ん張りました(そういえば正広が今年はじめに「踏ん張る」て言ってたっけ。それはこういう結果になると思わず言ったのか、どちらにせよ彼はいつまで踏ん張り続けるんだろうか…)。今年もあとちょっと。みんな、体に気をつけて…また、会おーね(´ー`)/~~
ひとりごと。 | コメント(0)
 | HOME |