07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

おじさんの深いぃ話(vol,3:辛い時ほど笑うこと~隠し事は進んでしろ!?)。

2015年08月30日
はああああああああああああ…( つ´Д`)つ
夏が終わる寂しさと来月の激務と風邪と歯が痛いとの
久しぶりにチャンゲDVDメイキングを見たら号泣してしまい
頭痛を伴う呼吸困難で何か疲れたああ…( つ´Д`)つ

…てなわけで、予告通り見ました。DVD。
画面サイズがアナログ版で懐かしさを感じた。
そんな前でしたっけ。9年前?嘘…だろ。。

別に普通に再生したんですけど
途中から涙出てきてびっくりした。
当時のことを思い出したのと、
もしかしたら私は無意識に
彼らへの気持ちに鍵をかけていたんでしょう。
過去の心の傷じゃないけども、
治し方がわからなくて何重にも重ねた絆創膏を
久々に引っペがしたら全然治っていなかった。
とういか、考えても考えても納得できないから
いわば強制終了させていた思い、
きっと何よりも大切だから全く消化出来無い。
忘れたくないけど思い出すのは微妙……

どこがどう、というか、
あくまで私が勝手に主観的に思ったこと、
漠然と浮かんだ気持ちなので良い意味で
話半分で聞いていただきたいんですけど…

当時の私は彼ら3人それぞれ尊敬していました。
パンサーの前向きでストイックなところ、
6歳児の類まれなる才能と吸収力、
そして弟の…人間臭さ。
今でもたぶんその気持ちは変わっていない。
彼らそれぞれの頑張る姿を見るのが大好きだし
私にとって彼らの代わりは絶対にいません。
12月分のQA更新料請求のお知らせが早くも先日届き、
今回ばかりは本当にやめてやろうかと思っていましたが
「例え先の見えない未来でも彼らに賭ける価値はある」と
DVDを見ながら思った。騙されているのかもしれません。
けど4,000円で自分を納得させられるならそれもいいかと。
理屈っぽい私がたまには意味のないことをするのもいい。

メイキングの彼は…
やはり2人に比べ飲み込みが遅く、笑っています。

…と書くと誤解がある。
だがしかし、広く一般は彼に対しこの誤解で生きている。
というか、その瞬発的な印象だけで彼の存在を片付ける。
けど私の心には何故だか、引っかかってしまったのよね。

天才、ではない、彼は。
愛される才能はあるけど、技術的には、違う。
けど天才なんてひと握りで、大抵の人間が彼のように、
努力して生きてるんじゃないでしょうか。
私も…天才じゃない。残念ながら。
そういう人に憧れても、自分はうまくやれない。
その時自分が悔しいし、周りに迷惑かけるのが本当に辛い。
「あー!本当自分ばか!もうしねばいいのに!!」

しかし彼はこのような状況でも笑顔を見せます。

これだけ文字に起こすと
「出来無いのに笑ってんじゃねーよ」
と思う人もいるかもしれませんが
果たしてそうでしょうか。
彼が…そんな自分を私のように
全くじれったく思っていないのでしょうか。
周りと遅れを取ることに一切罪を感じてないでしょうか。

主観的かもしれませんが…
あの優しい顔と人を安心させる存在の人間です。
気にしてないわけ…ないですよね。

それを証明するかのごとくこのDVDでは
パンサーが本当に親切に彼に接しているし
優しく温かい眼差しを向けています。
ストイックなパンサーです。
もし彼が笑ってるだけでサボっていたら
容赦なく冷たくするんじゃないかな。
彼の努力がわかるからこそ、
手を差し伸べる人がいる。

そして彼は彼で、
うまく出来無い時、悔しそうな顔をします。
不貞腐れることなくここまで努力する、
その原動力は何だったんでしょう。

彼も…すごい人なんですよ。
2人の天才に囲まれやってけてるんだから、
彼もまた本当は天才なのかもしれない。
アーティストっていう独特な世界にいるし、
私よりもずっと人生の先輩だし。
だから同じはずがないんだけど、この
「始めから全部うまくいくわけがないけど
 ひたむきに努力をし続ける姿勢」が、
物凄く尊敬するし、愛おしいんです。
2人が胡蝶蘭や薔薇だとしたら
彼はたんぽぽや菜の花かなって。
安っぽいとか馬鹿にしてるんじゃないよ。
雑草、かもしれないけど、強くて、
すぐそこにあって、幸せな気持ちになれる…
ひまわりもいいけど、まぁそんな感じ。

久しぶりにDVDを見て、
やっぱり尊敬するし愛おしいなと、
好きな人だなーと思ったけれど…
…こんな言い方するとご本人に悪いかな。。

何でこんなひたむきな人に待ってる未来が、
こんななんだろうなって。
彼が願って迷って信じてきた結果が今って、
おかしいじゃないって。

いや、良くないことだって
結局自分が招いたこと、なんですよ。
結局は自業自得なんだけどさ。
もうちょっとこう…ね、
良い方へ導いてくれる何かが
側になかったのかなって。
いや、私と彼は他人ですけど、
私は一方的にですけどだいぶ彼に
良い方へ導いて頂いたので、
彼も導かれれば良いなぁと思うのは
自然なことでしょ??
残念、だわ…うん。
残念とか言うこと自体失礼だけど(汗

…話が脈略なくなちゃったね。
とりあえず
「私はまだ好きなんだけどそのままじゃキツイから
 蓋しまくって奥の奥の方へ閉まっているので
 容易に開かないで下さい泣きます」
みたいな(笑)

うん・・・・
文字通り私はきっと…
色々知る前はお花畑だったんだろう、な。
それを…"真実放射能"で…
焼け野原にされてしまった。
だからどうってこたぁないんだけどね。
大丈夫。
壊れたらまた作ればいいし。
面倒ならそのままにしておけばいい。
何のルールもないし、私は誰のせいにもしない。

さ!9月は頑張って稼ぐぞー!
次回からは通常営業(会報プレイバック)に戻ります。
ブログ復活宣伝を一切行っていないので
読んで下さってる方は数人だと思いますが
大変ありがとうございます!
何か「これについて語って」等ありましたら
ご連絡下さい!やれることならします(笑)
じゃ、まったね~( ・ω・)ノ~バイバイ
スポンサーサイト
ひとりごと。 | コメント(0)

おじさんの深いぃ話(vol,2:チャンゲ~カッコイイは面倒臭い)。

2015年08月27日
頻繁な更新頻度。

いやぁ、出たいと思った時に出れる気まぐれさは
今までの私にはなかったけど良いもんですね。
これも一皮むけた証かな。
大事だけどそんなに大事じゃないから楽にやれる。
何でも真面目にやりゃ良いってもんじゃないのは
むしろ大人になってからわかったことかもしれない。
まぁ言っても、根が真面目なんですけど、ね…w
では今夜は119・120合併号。PLAYZONE2006。

この作品、「あんた痩せたねぇ」につきる(笑)
先輩に「俺たちはかっこよくなきゃいけない!」
と言われ絞ったんですよ、ね。
どういうつもりでいきなり目覚めたか定かではないけど
私は異常なまでのその様を見ながらまるで彼が何かに
必死にしがみついているかのように思えた。
前号で悟りを開いた彼は何かをつなぎ止めるかの如く、
そうせずにはいられなかったんじゃないのかなって。
何が答えかなんてわからないけど、
先輩のような25周年にするにはそれが必要と…思った?
もしも神頼みをするならば、
少しでも努力していた方が心象が良いもんね。
まぁこちらもひとときの夢を見させて貰ったので
全く無駄ではなかったけれど。
いや、別にぽっちゃりしていてもどうってことはない。
大事なことはそんなんじゃない。
何をかっこよしとしチョイスしていくかも大事な1コマ。
真っ黒に日焼けして
「おっさん何考えてんだよぉぉぉぉぉぉorz」
なぁんて思ったりするもの楽しいですからね(笑)
だがしかし、今号では見た目もさる事ながら
結構かっこいいことを言ってくれています。


「みなさんにお金を払って見てもらってるんだから、
 それだけのことはあったと満足して帰ってもらえるかどうか。
 それが、最初の俺らの課題でしょ。
 そこまでやるのが当たり前で、
 それ以上のものにしていく努力が必要なんだよ。
 過程の苦労はいいの。
 より良く作れて現場が楽しければそれで俺はいいと思う。
 それで、お客さんから「面白かった」って言ってもらえることが
 俺たちの幸せなわけだから」


え、どーしたの、ゴーストなの???
隊夢で「努力なんてしたってしょーがないじゃんw」と
発言していた人と同一人物とはwwww
…いや、これが彼の技だと、思うんですよね。
これが、本当。私の中のカツヒデは。
本当はこう思っている。
けど、相手に肩肘張らせないよう、
あえてかっこいい自分を見せないよう、
いや、自意識よりも周りのこと、だからこそ、
過程の苦労はいいと、はっきり言える。
最近見たエンドレスショックのドキュメンタリーでも
散々かっこよく語ったあと、
「俺のことはいいのよw」と笑って立ち去った。
私が信じたいのは、このカツヒデである。

私…個人的にこういう人が好きで、ね。
他人に安心感を与えられる人って凄い。
本当は頑張ってるのにしんどいはずなのに、
少しでも笑顔で自然と人の心に寄り添える人。
まぁそういう人を「ウザイ」と思う人もいますが。
私はなんだか自分が受け入れられたようで、
そういう態度をとられると嬉しい。し、
こういう一見大丈夫そうな人のことこそ
目を離さずに思いやりたいと思う。
だって優しいじゃん。
人としての温かさを当然に持つ人にこそ
感謝していたいし力になりたいと思う。
まぁでも大体こういう人はそういうの
やられ慣れていないから動揺すんだよね。
「ありがとう(オロオロ」そして気の強い女が好き。
…ちくしょー!!!!!

…………。…で、、

今回の振り付け師のヴィンちゃん、
踊りが苦手キャラの彼が「好きだ」と言っています。
理由はハートがあるから、と。
振り付けひとつひとつに意味が込められていて、
それを細かく解説した上でやるから。うん。
気持ちをぐっと入れてやるからアップテンポの曲より
ずっと疲れるんだそうです。それを「好きだ」と。

…さてはあなたも結構な面倒臭い人間です、ね?

世の中割と、本質的なことがわからずとも
とりあえず表面だけさらっと覚えて実行すれば
効率的だし早いしそれが「器用」と呼ばれたりする。
私も割と刹那的でそうやってうまくやってきたくち。
しかし時にこういうこだわりが大事だと思ったりする。
たまに人生でまっすぐな目で見てくる人がいると
このやり方じゃドキッとしちゃうのよね。
結局本質がわからないとミスしたりするし。
その中でヴィンちゃんみたいな指導する人がいると
自分の甘さがわかるし関心しちゃうしもっともっと
純粋でまっすぐにいなきゃいけないなと思う。
こういうのをまた「ウザイ」と思う人もいるのよ。
「細かいことグチグチ言って。やりゃ良いんでしょ!?」。
…けど彼もこういう指導者を好むという感性が
私と割と似てて「間違いないなぁ」と思いました。
「どうして?」と人に聞かれた時に理由をきちんと
述べられないようなことはしないようにしています。
まぁ、まだまだ全然甘いんですけどね、私なんて。
だからそういうことを自然と出来る人を尊敬する。
長く生きてる人って本当に魅力的だよな…←

インタビュー終盤はゲネプロで振りが飛んだ件。
たぶんインタビュアー側は
「うっかりおじさんのてへぺろ話」
に話を持ってこうとしてたんだろうけど、
今回のおじさんは最後までかっこよかった。
ご本人はさほど気にしている様子もなく、
ちゃんと出来てたけど1テンポずれたから
真っ白になっただけのことさ、と言ってます。
たまに…インタビュアー側?制作側に、
作為的なものを感じることがあります。
「彼はそういうキャラだから、
 こう持っていきたいんだろうな」って。
人から求めらることが何かわかる彼は
結構な割合でそれに応えたりしますけど、
たまにしっかりした自分を出すことがある。
それが…好きなんですよね。
私の描いたカツヒデ通りの回答が。
逆に「間違っちったwがははーw」てのを聞くと
「おやおや、お仕事ご苦労様」というか…
「うんうん、いいよ、お仕事してるね、
 こちらはそれを信じるテイ、ね。
 わかったおっけー了解しやした御意!」
と、思いながら私はにこにこしています(^-^)
素直に受け止められたらどれだけ楽だろうと
思った回数は星の数ほど!知らんがな!

この年の彼はかっこよかったねぇ…。
いや、そりゃあいつでもそうなんですけど、
見た目もそうだし一挙一動惜しげもなかった。
群舞があったんだけど本当一生懸命で。
いや、それを評価してるんじゃない。
消えそうな何かを必死につなぎ止める姿に。
大人の男が迷いながら強く生きる姿、が。
それはDVDのメイキングでもわかりますよ。

あれも良かったなぁ……。
久しぶりに見ようかな。
じゃ、次はその話するわ。
相変わらず長くてごめんね。
私の無駄な話が入るから(笑)
でもそれがなきゃ無色になっちゃうから。
なにいろに見えます?
なにいろにしてもドギツイわよね(笑)
すみません本当。。。

じゃ、まったね~(ヾ(´・ω・`)
ひとりごと。 | コメント(0)

おじさんの深いぃ話(vol,1:オープンザ悟り~自爆気味歯医者さん)。

2015年08月24日
30周年ですね。30周年ですか。そうですか。
20周年から10年ってことですね。うん、わかった。

「私の頭の中のカツヒデ」、始めます。

ここ10年の、今思うと色々意味深にも取れる
おじさんの悩ましさを振返るという趣旨(不定期)。
材料は会報。活字、かつ、誰が書いたかもわからない、
本人が本当に発言したかどうかもわからない、それ。
けどこう、商品として、印象操作された"カッチャン"から
私が感じたこと、私の頭の中で形成された偶像について、
勝手にお話したいと思います。
「そりゃ、あんた勘違いだよ」ということも多々あるでしょうが
そんなん知ったこっちゃありません。私の中の彼はひとり。
「それがこういう人だよ」ってことを書きたいだけです。

初めに宣言しておきましょうか。


私ゃあ、なんにも知りません!


ただあのしつこい顔に罵倒されたいだけの
弱小ヘンタイ小市民です・゜・(ノД`)・゜・
が、一応出すもんは出してきた人間なので
(会費やチケット代等の世で言ういわゆるカネ)
ほんの少しばかりは主張する権利があるかしら、
と、叩かれorシカト覚悟で出てきているのです。
恥も罪悪感も死ぬ程感じてきたんだからもういいだろう!
(という自信が明日には簡単に崩れる己の脆弱メンタルよ)。

さ、ということで、記念すべき一発目は会報117号です。

記念すべき20周年を先輩25周年のお祝いに費やす
なんとも健気でちょっぴり残念なおじさん3人がメイン。
この頃は「なんてこった!」と思いましたが今思うと
3人並んでる写真だけでグッとくるものがあるね…。

カツヒデに至っては年始の渡鬼舞台の写真がメイン。
見に行きましたよ、三が日の明治座っ…!
今見るとバスローブ姿がプロレスラーにしか見えぬが、
当時の私はえーさくに倒れこむ文子にハンカチ噛んだっけ。
「うぉぉぉぉ、絶対ぷにぷにしてるだろぉぉモフモフしてぇぇぇ」
…どうか。。してたんでしょうね(いや今もしたいなモフモフ)。

この会報の中で彼は今と将来について語っています。
ただいつものインタビュー方式ではなく結構まとめられた
文体なので編集してるんだろうな。彼の言葉ではないような、
なんとなくニュアンスが伝わりにくいものになっています。

「笑っているだけの植草克秀でいたいけど、
 ひとりでいると笑いを忘れてる。
 ポジティブシンキングでいかないといけないなと
 考え直すことがある」


びやああああ。
そら、ひとりで笑ってたらどうかしてるぜ?
…と、いうことでなく。たぶんもっと深いところ。

「なるべく、振り返らないようにしている。
 過去って、忘れられるものだから。
 それをほじくり返してもプラスにはならない。
 経験はいいけれども。
 華やかな少年隊の時代があって、これから…
 があるかもしれない、
 それを考えてやっていくべきじゃないかなと思う」


この号あたりから悟りに入った気がするんですよ。
この前くらいですとまだ笑ってるだけでしたから(笑)。
この人…思うより色々理解していらっしゃる。
いつか終わりが来ることを知っている。
そして今・・・・もごもご(- - )

あとはまぁ、歯医者になってみよう、とか、言ってます。
現実にはなっていませんが。
これ初見の時、確か私泣いたような気がするなぁ。

「あなたは何がそんなに不安なの。
 私が応援してるじゃまいか。
 歯医者さんになるなら私は何本も虫歯作って通うよ?
 どんな形でもあなたが頑張るなら応援するから。
 だからそんなに不安にならないで(T T)」

的な、ね。
今?今はまぁその…生きてるだけで…褒めたい(笑)。
そんな…状況ですけどね。別に文句なんてないよ。
好きで続けてんだから。そうそう。
我ながら「やめる・忘れる詐欺」ヒドイと思うわ。
けどね。そんな簡単にやめるならそもそもハマらないよ。
沼っていうか地獄っていうか「運命」なんでしょうね。
なんていうかね、「そういう問題じゃないんだよ」。
「そういう」が何なのか自分でもわからないけど…
理屈なんていります?いや、好きだから(笑)。
なんだかんだお前を忘れた日は一度もない。。。

というわけで、1回目終わり!浅い!!
いやぁ、でもしんどいわ(笑)。
家族の話が思った以上に出てくる(笑)。
今号も「戻っていくところは家族」と…。
娘っちと一緒に大学行きたいとか…。
あー、もう、なんかごめんなさい(つд⊂)
運命って恐ろちぃでしゅね…。ままま。
私だって幼稚園の時に短冊に
「綺麗なお姉さんになりたい」って
書いたのに(切実すぎますね)
まさかこじらせ女子になるとは、だよ。
人生そんなもんすよ。恥ずかしく、ない。

じゃ、また書くね~( ´・ω・`)ノ~バイバイ
ひとりごと。 | コメント(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。